First step

taeusa.exblog.jp

新しい土地で新しい自分探し

ブログトップ

チャタヌーガ

先日ジョージア州南部で起こったトルネードですが、なんと、一度に10のトルネードがうねりを上げていたそうです。
翌朝になって負傷死者の方が出るなどの被害の大きさを知りました。
亡くなった方にご冥福を、そして被害を受けた方々には1日も早い復旧をお祈りいたします。
今回は『スーパー・セル・ストーム』という、名前だけでも恐ろしい響きですが、日本ではあまり見られないものの、アメリカ中西部では頻繁に発生する状況で、これが今回のトルネードを引き起こしたようです。
詳しくはここでは触れませんが、機会があればこちらをどうぞ⇒スーパーセル(気象)
自然災害は、突然予測もなしにやって来るので怖いです・・・。







b0148991_115470.jpg

さて、トルネードのお話はここまでにさせていただいて、お話は先週末へ時間を戻します。
先週のバレンタインデー前夜、犬次郎が「連休やしどっか行こうか?」って突然嬉しい提案をしてくれてね。
夜中遅かったし、どこに行くとか全然決めてないし、ホテルもめちゃ急やしさ。
でも「うん。行きたい!」って言うたまま、な~んも計画せず、その日は寝てしもてん。(爆)
だから、翌朝「ほんまに行くんかいな~・・・」って半信半疑やった私やったんやけど、犬次郎はフツーに行く気やし。

荷物もテキトーにかき集めて(やっぱり忘れもんしてたけど。笑)、車に乗り込みました。
向かった先は、我が家から車で約2時間ほど北上した場所にある、テネシー州チャタヌーガ(Chattanooga)。
チャタヌーガは小さな町で、町だけを見て回るなら1日あれば十分かな。じっくりと観光場所を見に行くつもりなら2日は予定に入れたいところ。3泊する必要はないかも。(笑)

『チャタヌーガ』って面白い名前やけど、コレは先住民の言葉で"岩が迫ってきているところ"という意味なんやって。
岩って言うのは、この町が観光名所にしてるひとつ、『ルックアウト・マウンテン』のことらしい。
19世紀前半、アメリカの人口増加に伴い、アパラチア山脈周辺に住んでいたチェロキー・インディアンたちが西部へ強制移住させられた・・・という歴史があるんやけど、その時に彼らが通った道"Trail of Tears"(涙のトレイル)の中継所がこのチャタヌーガだったそうな。

私らなんですけど、なんだかんだしてたら結局出発したのがお昼過ぎてしもて。(汗)
っていうのも、私は1泊だけするんやと思ってて、1泊2日分の用意しかしてへんかってん。
それで、「ほな行こか~♪」って靴はいてる時に、何気に私が「1泊やから、どうのこうの・・・」何言うたか忘れたけど(笑)言うたら、
犬次郎が慌てて、「えっ!ちゃうでちゃうで!!2泊、2泊!!あっぶな~。ま~た『(たえの声真似しながら)知らんかったわ!はよ言うて~さっ!!』って怒られるとこやった~。(汗)」って言われてさぁ。(爆)
2泊目の用意もしてたら、いい時間になってしもて、「もぅお昼ごはんも家で食べよっか~」ってなってね。
b0148991_0454950.jpg

それでも2時間ドライブやから、チャタヌーガに到着しても、少しウロつく時間があったから余裕やったわ♪
チャタヌーガに着いたら先にホテルにチェックインして、ホテルから一番近い観光場所のチャタヌーガ・チュー・チュー(Chattanooga Choo Choo)へ行ってみました。

ここは1909年にオープンした鉄道ターミナルを今も当時の雰囲気を残しながらホテルとショッピングモールを合わせた複合コンプレックスで、レストランや当時のターミナルや町を再現した本格的なミニチュア模型の展示がされていました。
こちらは屋外で見つけた電車たち。他にもいろいろあったで~。
b0148991_1124899.jpg

b0148991_113794.jpg

b0148991_1132378.jpg

犬次郎も私もミニチュアの電車とか、別に興味ないねんけど、「せっかくやし~」って見に行ってみたら、コレが結構見ごたえあってさぁ。(笑)
細かいミニチュアも手作りで、ミニチュアの昔のチャタヌーガの町には番号がついてて、最初に手渡される説明書の番号と照らし合わせて見ると、その時の歴史背景が垣間見れて面白かったわ。「この建物は○○で・・・いついつにどうなった」・・・とか分かると、よりイメージ湧きやすいし~♪
b0148991_0103567.jpg

家を建ててる様子のミニチュアも発見してん。めっちゃ芸が細かいわ~。大工さんもちゃんと働いたはります。マッチ棒より小さい大きな丸太を担いでいる山林業のおっちゃんたちも見かけました。(笑)
b0148991_010568.jpg

これはちょうど駅正面にあった建物が火事になっている様子やったわ。ちゃんと中も火の手が上がってるのを再現されてて、煙も上がってるん。
b0148991_0111382.jpg

お店や建物は照明がついてるものもあって、中にはちゃんと人が生活してる様子なども細かく再現されてて、めっちゃ可愛いねん。(笑)コンサート会場みないな所も再現されてたよ♪

ここらは、ガイド付きの馬車(有料)もあるし無料のシャトルもあるから、小さいお子さん連れの方やお年寄りの方にも優しいです☆

今日はここだけ見て、早い夕食に。
石水(SEKISUI)という日本食のお店に行きました。
b0148991_013299.jpg

日本食レストランやのに、お店の雰囲気はめっちゃバーやねん。(笑)
全然日本食のレストランって感じじゃなくて、大人のムード漂うところやったわぁ。
私らはカップルやから、ちょっと背の高くて華奢な作りのお洒落な席に座らせてもらってんけど、「ここって、マジでカクテル飲んで終わりちゃうやろね~!」って思ったで~。(笑)
b0148991_014177.jpg

ここ、めちゃ暗くて、ムードのある席やってね~。照明と外の夕焼けのせいで、なんかピンク色みたいになってさぁ・・・。(爆)
お料理も実際はもっとピンクっぽくて、でも暗い・・・みたいな。写真撮りづらかったから、私のような素人にはこれで精一杯やった・・・。(涙)
b0148991_0211944.jpg

そうそう、今のは野菜の串焼きを頼んでん。個人的にソースは要らんかったわ。お醤油だけで良いって・・・って感じ?
不味くないけど、串焼きやねんから別に甘口の照り焼きソースみたいなん かけんでもええと思わへん?アメリカの和食ってこういうの好きよな~。(笑)
犬次郎は意外にも「結構美味しいと思うけどなぁ・・・。」って言うたはった。ようさんお食べ~♪
b0148991_0254737.jpg

犬次郎が頼んだお寿司のディナーなんやけど、このお船で持ってきてくれてね。めっちゃ恥ずかしいしっっ!!(爆)
ちょっと洒落たバーやのに(いや、和食レストランなんやけどさぁ。汗)、なんで船盛りなんっすか!!!みたいな。
隣ではカップルでダーティー・マティーニとか飲んだはるのにさぁ~。
私らはその隣でお味噌汁をすすってるし。(爆)横のカップルの人たちに申し訳なかったな~。
そうや。このお店、お澄ましかお味噌汁を選べて、サラダもついてましたわ。
お寿司もネタが良くて美味しかったし、お店とのミスマッチな感じも私ら夫婦にはウケてましたで~♪(爆)
私の頼んだお寿司のプレートはあまりにも写真が暗くて見づらかったので却下っす。

早めに食事した割にはいい時間になってしもて、ホテルへ戻ろうと車に乗り込んだ私らやねんけど、その後駐車場が大渋滞になってしもて、1時間ほど身動きとれませんでした。(汗)
立体駐車場やったんやけど、そこの料金所が1つしか開いてなかったから・・・というのが原因やったみたい。
んもぉ~。こんな連休の時、お客さんも多いの分かってるのに、なんで料金所に人がいいひんのよぉ~。(汗)

こういうときって、女子やったら喋って1時間あっという間に過ぎるとおもうけど、隣に居たのは女子じゃなく犬次郎・・・。
最初は調子よく喋ってても、だんだん疲れてくるみたいでさ。私の喋りに。(爆)
途中で「俺、ほんま寝てまいそうやぁ~」言うて、目ぇウトウトしだすし・・・。
私だけめっちゃ退屈な1時間やったわ。ふんっ。

ともあれ何とかホテルに戻り、ブログと格闘するも写真取り込めず。(汗)
格闘したおかげで目が疲れてぐっすり寝られたけど。(笑)
翌日の観光も楽しみやわぁ♪
[PR]
by taepulin | 2009-02-22 00:44 | 遊ぶ