First step

taeusa.exblog.jp

新しい土地で新しい自分探し

ブログトップ

グランド・プラズマティック・スプリング

夏旅行に選んだバスツアー。3日目は、まる1日イエローストーンで過ごします。
b0148991_11595519.jpg

まずバスに乗り込み、5つのカントリーのひとつ、ガイザーカントリー(Geyse country)へ向かいます。

朝一番はその中でも有名な間欠泉、オールドフェイスフル・ガイザー(Old Faithful Geyser)。
Faithfulという名前どおり、殆ど一定の時間に熱水を噴出すると言いますが、時には、観光客の期待を裏切って、相当待たせることもあるらしい。
今回はどうやろ・・・ドキドキワクワクしながら、そのときを待ちます。
b0148991_1204292.jpg

時々ボコボコ・・・っと音を出して、ブシュ~っと熱水を出すんやけど、これは本番ではないねん。
ドキドキしながら見守る私らを「まぁ~だだよ。」ってからかってるみたい。(笑)

「また騙された~ぁ。」「あ、次は?」「今度は来るんちゃう?」「あかんな~。」って、みんな間欠泉に完全に遊ばれてたわ。(爆)

でも・・・ついに来ました。ほぼ、予定時刻と同じに大きく、高く、熱水がドドーっと!!




b0148991_1211931.jpg

ちょっと!これ、写真に納まりきらへんやんっっ!!めっちゃ凄い~~~!

水温は約96℃、4万リットルの熱水を30~55mの高さに噴き上げます。
ここは標高が高いから、93℃で水が沸騰するねん。だからそれ以上の温度やから…ねぇ。シャワーみたいに頭からかかる訳にはいきませんでぇ。大やけどやんっ。(汗)
これは自然の現象やから、みんなが寝静まった夜中でも、Faithful=忠実に、間欠泉は噴き上げてるそうです。

オールドフェイスフルを堪能したら、早速回りの間欠泉や温泉プールも見て回ります♪
この周りにはたくさんの間欠泉や温泉があるからね~。
ガイザー・ヒル(Geyser Hill)という遊歩道を一周歩きます。
b0148991_1213682.jpg

いやぁ、ほんまにねぇ、めちゃくちゃあるんですよ。あり過ぎて、どの写真載せていいのか…。
全部なんて到底載せられへんし。(汗)
b0148991_1215580.jpg

ビューティー・プール。

そうそうこのプールの色なんやけど、ブルーで透き通った色が一番熱いねん。約73℃。
その下が白く濁った色。約62℃。
続いて黄色(約60℃)、緑(約56℃)、茶色(約50℃)、そしてもっと黒っぽい色になると約27℃と温度が低い状態。
熱水の温度と含有物質によって色に違いがあるんだそう。
綺麗だからと手足を突っ込みたくなるけど、絶対ダメですよ~!
b0148991_1224076.jpg

こんな変な形をしたグロット・ガイザー(Grotto Geyser)ですら、熱水を噴出するねんでぇ~!
b0148991_123517.jpg

これはモーニング・グローリー。
他にもあちこちに点在しているガイザーやプールなどを見ながら歩いていきます。
時々あっちでプシュ~、こっちでプシュ~っと、間欠泉が噴出していました☆

私たち一向は、どんどん先へ進みます。
b0148991_126295.jpg

ずんずん進んでいくと、何やらピンクとブルーの煙がモヤ~っと見えてきました。
それが何かを確認できないまま、今度は山らしき方へ登っていく我々一向。
道なき道を登り、たどり着いた先は…本日のハイライト、園内最大のグランド・プリズマティック・スプリング(Grand Prismatic Spring)!!
b0148991_123375.jpg

直径113mもあるから、「大きすぎて、目の前で見てもどんなに凄いか分からない!」と、ガイドさんが山を登って全貌を見せてくれたのでした☆
ほんまは大勢のツアーではここに登っての見学は不可能。
今回少人数だったからこそで来た特典やねんで~♪
b0148991_124499.jpg

オレンジとエメラルドブルーのコントラストが最高に美しいこの温泉。
周囲の縁取る黄色はバクテリアの色。
この景色は圧巻!!
さっきのピンクとブルーの煙の正体はこれやったんですね~。
しばし時を忘れ、この景色をしっかり目に焼き付けます。

この後また、山を降りて、さらにガイザーやプールを見て…次のエリアへと向かいます。

むむむ…。3日目も1回のブログ更新では書ききれません…。
今日はここまで~!(笑)
[PR]
by taepulin | 2009-09-21 06:31 | 遊ぶ