First step

taeusa.exblog.jp

新しい土地で新しい自分探し

ブログトップ

バター餅

b0148991_21312068.jpg

先日のバター餅、レシピ書いておきます。
バター餅はハワイのママの味らしい。
b0148991_21222191.jpg

私を含めて、海外で暮らす奥さんたちがちょくちょく焼く(?)餅ケーキとほぼ同じやけど、ココナッツミルクやエバミルクを入れることで、よりリッチでコクのある美味しいケーキになるねん。
ケーキと言っても、むっちり。この食感と味が病みつきになる・・・とお友達も大絶賛☆

コレは一番最近(って言うても1月末やけど。笑)焼いた餅ケーキ。
抹茶と黒豆の炊いたヤツとドライアプリコット入れてます。
b0148991_21205858.jpg

見た目も作り方もこんな感じやけど、個人的にはバター餅の方が好きかも。
このお菓子はしっかり丁寧に計量しなくても良いし、餅粉が少なめなら柔らかめのもの↓が、
b0148991_2132345.jpg

餅粉多めならしっかりしたもの↓が焼けます。
b0148991_21324936.jpg

トッピングや中に混ぜるものもお好みで♪
混ぜて焼くだけ、簡単・簡単♪ 
ずっしり重くて安定するから持ち運びも心配なし。お土産にもええで~♪





アメリカで安くて使いやすいもち粉がこれ。以前は1ドルしなかったんよ?今は1ドル30セントくらいかな・・・。
お店にもよりますが。
b0148991_21251150.jpg

ほんま、だいたいの分量で作れるんですよ~。ラクチンでしょ~♪

 *** バターもち ***

<材料>

溶かし無塩バター・・・60g
たまご・・・2個
ココナッツミルク・・・165g
エバミルク・・・170g
バニラエッセンス・・・小さじ1
もち粉・・・225gくらい(半箱)
砂糖・・・150g
ベーキングパウダー・・・小さじ1


<作り方>

1.オーブンを180℃(360F°)に余熱。
2.溶かしバターを準備しておき、卵は軽く溶いておく。
  ボウルにそれらと共に、ココナッツミルクとエバミルク、バニラエッセンスも一緒に加えて
  よく混ぜておく。
3.別のボウルに粉類(もち粉、砂糖、ベーキングパウダー)を入れてフォークで軽くかき
  混ぜ、2.と一緒によく混ぜる。
  中に何か入れたい方はここで投入。さっくりと軽く混ぜる。
4.耐熱容器に3.を流しいれ、トッピングしたい方はここでトッピングし、オーブンで約45分
  焼く。
  たけ串などを刺してみて、何もついてこなければ出来上がり。


b0148991_21331547.jpg

これは何も入ってないシンプルなバター餅。シンプルなものでも十分美味しい♪
バターとココナッツの風味がたまりませ~ん。

3.の段階で私はダマになるのを防ぐために2つのボウルを用意しましたが、ボウル1つでも十分できます。
我が家のおやつとして焼く場合は私もボウル1つで全部一気に混ぜて焼いてるし。(爆)
でも、その時はダマニならないように、全ての材料をゆっくり少しずつ入れながら、しっかりとよく混ぜてくださいね♪

トッピングにココナッツを使う場合は、ココナッツが焦げやすいので様子見ながら焼きましょう。
ココナッツを焼かずに、バターもちが焼きあがってからトッピングしても美味しいです♪

あと、ココナッツミルクとエバミルクを使いましたが、エバミルク無しでココナッツミルクだけで作ったり、代用として牛乳や豆乳でも作れると思います。
もち粉の量を増減したり、ミルク類を変えたりして、好みで調整して美味しく食べましょぉ~♪




<その他の注意事項>

**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**
**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
[PR]
by taepulin | 2010-03-23 23:03 | レシピ