First step

taeusa.exblog.jp

新しい土地で新しい自分探し

ブログトップ

ビール作り

うわぁ、もう前記事UPから1週間経ってたなんてぇ・・・。(汗)
えらい速さで毎日過ぎてしまうぅ。
今年の節分の話やら、学校での話など書きたいことがあったんやけど、もっと前にこれだけは書いておきたかったものがあるねん。

1月末のお話なんですけどね。
お友達らと共に、初めてのビール作りにチャレンジしたんですわ。
というのも去年の秋、お友達を招待した時に自家製ビールを持ってきてくれてね。
話聞いてたら楽しそうだったので、『じゃ、今度みんなでやろっか~☆』ってことになったんです。
一度経験のあるお友達が居てくれるので、超初心者の私たちも心持ち余裕があります。(笑)
とはいえ、かなり簡単なのですがね、えぇ。

モルトを始めとする材料がキットとなって売られていて、今回そちらを仕様しましたので、本当に半日程度の作業でした。もくもくとやれば・・・2時間程度でできるかも。
しかも私、殆どすることがなくて、邪魔になりそうなので、携帯カメラで撮影する係を担当。
写真多めの記事になってしまいそうですが、ビール作りのFirst stepということで書いておきます。(笑)

午前、全員集合。男子4名に混じってビール作りの材料を買いにレッツラゴー!←死語
ちなみに最近は店内撮影を受け付けてくれないところも多くなりました。というわけで、今までバンバン撮ってた私ですが、今回も店内撮影は無しです・・・。(涙)

お店は小さかったものの、結構本格的な機材・材料などが揃ってて、私的にはかなり魅力的なお店でしたわ♪見てるだけでも楽しかったし。
買い物してる間に夢は膨らみます。『次は麦から本格的に作らないとな~。』え・・・マジで?

ゆっくり買い物してたら、思いのほかゆっくりし過ぎたようで。あっというまにお昼。
買い物に1人行かなかったお友達はランチを担当。手作りピザの支度をしてくれていたので、サイドディッシュとなるものを買って帰りました♪
b0148991_0373065.jpg

ささ、帰宅したらランチをつまみながら、買ってきた材料をチェックし、ビール作り開始!!かなり写真多めかと・・・すみません。(汗)




b0148991_2358213.jpg

まずは容器。これでビールを作って発酵させるんだそうですぜ。
b0148991_2358226.jpg

モルトなどを煮て混ぜるお鍋やおたまなど、ビール作りに使用する器具は全て熱湯消毒しなければなりません。とにもかくにも消毒第一!!
b0148991_23584082.jpg

大きな容器も消毒です、えぇ、もちろん。でも大きすぎてキッチンシンクに突っかえて大変でしたわ。

今回はドラフトという名前のキットでした。ドラフトはエエけど、一体何の種類やねんっ!って感じやけど。(汗)
私は『アンバーエールが良いんちゃう?』と言ってたのですが、なんやかんや相談して別の種類のビールになってもぉて。
b0148991_23591666.jpg

材料は缶かんに入った、その、”ドラフトなんちゃら”言うビールのキットとエンハンサーと言う粉とプライミングシュガーというお砂糖が必要らしいわ。缶かん以外は必要な分だけ計量して使うねん。
b0148991_002253.jpg

鍋にお湯を沸かして、缶かんに入ったビールの素を入れていきます。
b0148991_004175.jpg

匂いでみたら、モルトの薫りがほんのり~♪犬次郎は『くさっっ』言うてましたが、そんな臭いことないですよ。モラセス知ってる人は、それをもっと柔らかくしたような匂いです。これはビールの種類にもよるでしょうね。
b0148991_01442.jpg

はい、これが今回のビールに使う空き瓶の一部です。多分もっと出来るかと。
ビール瓶と王冠は買いましたが、お店の店主(?)によると、『使用済みのビール瓶(市販品)を綺麗に洗って消毒したら使えまっせ。』とのこと。いつものことですが、関西弁を話す店主ではありません。
王冠も使用済みを使っても良いんやって。でも栓抜きで抜いたものはダメですよ。空気が入って密閉できませんので。私てきには栓抜きで抜こうが抜かまいが、新しい方が良いと思うけどなぁ・・・。空気入らないのかな??
心配な方は毎回新しいものを購入してちょうだい☆
b0148991_012847.jpg

沸騰させないようにゆっくり煮て、エンハンサーを入れて更に混ぜ混ぜ。
消毒済みの容器にお水を入れ、
b0148991_014745.jpg

その中にビール液を入れます。材料の分量もやけど、温度が結構重要ポイントかも。
b0148991_021198.jpg

ビールによるので、何度とは書きませんが、『ここから・・・ここくらいまで下がれば良い感じ。』とのこと。
b0148991_023079.jpg

温度がパーフェクトになったら、イーストを入れてかき混ぜます。
胡散臭いけど、店主、『イーストは他のイーストじゃあきまへん。ビールにはビール専用のイーストがあるさかいに~。ここ(店)で買うたら間違いないけどな。』
b0148991_025760.jpg

イーストを溶かし混ぜたら、一度比重計を刺して比重度チェック。
b0148991_032766.jpg

すでに何気にビールっぽい薫りがしております。
b0148991_034932.jpg

で、これを容器のふたに刺しておくみたいです。これ、なんて名前やろ。
b0148991_041145.jpg

水を入れておいて、必要時に容器内の弁が開き、お水がポタリと落ちて微妙な水分量を調節する・・・みたいな?役割をするみたいです。
b0148991_044694.jpg

これで完成。
ときどき比重をチェックしつつ・・・あ、やっぱりさっきの↑比重計と関係あるんちがったかな。比重の高い低いでお水が少量出たり止まったりするものだったかも。
いい加減レポですみません・・・。

さ、これを1週間から10日間ほど発酵?熟成?させるみたいです。気候、温度などによって次の工程へ進むので、はっきりと1週間後とは言いかねます。
ビールちゃんにはゆっくり休んでもらって、比重具合をチェックしつつ、第2回目のビール作りの工程へ進みます。
それじゃビールちゃん、1週間後くらいに会いましょう☆
[PR]
by taepulin | 2012-02-07 23:14 | お料理