First step

taeusa.exblog.jp

新しい土地で新しい自分探し

ブログトップ

お友達とのお別れ

b0148991_20285539.gif

昨日お友達とブランチ&ショッピングに出かけて、帰ってきたらゲストが来ていました。
『バンビちゃんや~ん♡』と思ってたら、ファミリーやったみたい。2頭の子供たちと2頭の大人。
パパとママやったんかな・・・?
b0148991_2029947.gif

すっかり癒されました~♪
最近、我が家の敷地内でやたら見かけるんやけど・・・あんたらも住んでんのか???
b0148991_20291933.gif

さて。改まって・・・ですが、先週金曜の朝、大切な日本人お友達がまた一人本帰国しました。
今日で一週間。







日本人の多くは海外転勤でこちらにいらしてることが多いので、お友達になっても、いつかはお別れする日がきます。分かっちゃいるけど、何か素敵な縁があって、親しくなる。親しくなればなるほどお別れの時は辛く悲しいものです。

2月に帰国してしまったCちゃんもそう、先週帰国したNちゃんも、家族ぐるみでお付き合いさせてもらっていました。同じ日本人だし、いつかまた再会しようと思えば出来ないことは無い。ましてや今は便利な時代になったし、連絡を取る手段が格段に広がったもんね。
とはいえ、やっぱり今までそばに居てくれたお友達がもうそこに居ない・・・というのは辛いです。

有難いことに私はお友達に恵まれています。たくさんの人が私を大切に思ってくれていて、私も彼らの事は大切だし、大好きな人たちです。
でも、海外生活で特に感じるのは日本語が通じるという有難みかな・・・って。私自身はそう思ってます。
アメリカ人や諸外国出身のお友達とは第二か国語の英語を使っての会話。
私の英語力はたいしたことないし、私の気持ちを十分伝えきれているか、相手に理解してもらってるか・・・時々そこが不安だったりすることもある。日本人同士でさえそういう時があるのに、外国人同士ならなおの事。

とても仲良しで、大事な大事な外国人お友達でも、
時々、『こういう気持ちって日本語でないと・・・日本人でないと・・・あ~~~~んなんて言うたらええの、この気持ち~~~!』みたいなんがあるんですよ。
わがままかもしれんけど、そういう時はやっぱり日本人お友達を求めてしまう。外国にいる以上、そういう気持ちになったとき、打ち明けれるお友達が居ると居ないとでは全然違います。
心の安定剤というか。(笑)

先週帰国したNちゃんはまさに私にとっては心の安定剤☆
アラフォーのええ歳した私らが過去に1度揉めたこともあってね。(爆)
でもお互いに話し合って、それを乗り越えれた・・・という強い絆もあって、私はいろんな話を聞いてもらってました。それこそ良いことばかりじゃなく、悪い事も含めて。(笑)
普段人にいろいろと詰まる話をしないNちゃんも私にはしてくれてたと思う。

私が話したいときはいつも黙って、頷いて、全部聞いてくれたNちゃん。
聞いてほしい時は、何も言わずに聞いてほしい。何か助言が欲しい時は私から助言を求める・・・という性格を知ってくれてるNちゃんは私にとっては必要不可欠、ほんまに有難い有難い、大事な存在。
私自身もお友達みんなにはそういう風に接したいし、そうしているつもり。
海外生活でNちゃんのような貴重な日本人お友達が出来て、私はなんて幸せ者なんやぁ・・・♡っていつも思ってます♪

Nちゃんが居なくなってまだ1週間。でも必要とする時に黙って話を聞いてくれるNちゃんみたいなお友達が誰もいないことに、ふと改めて気づきました。
みんなせっかちなのか、私の話がどんくさ過ぎるのか(笑)・・・。

私の表現力の乏しさで語弊があるかもしれないけど、もちろん他のお友達も私にとっては大切な人たち。
ただ、CちゃんやNちゃんはまず同じ日本人というのと、ほんまに気を許してきたお友達だったんです。
メールとか、スカイプとか、他にもSNSで繋がっていられることに感謝してもしきれません・・・。

この子らが居なくなって、私はどうしたらええのかなぁ・・・って思うけど、周りで『CやNが居なくなっても私たちが居るからね。一人じゃないからね。』と言ってくれるお友達が支えてくれるから、あかんたれの私ももうちょっと頑張れそうです。
彼女ら以外にも帰国してしまったお友達みんなに心配かけないよう、毎日楽しく、私らしく、一歩一歩前進しないと!!です。(笑)

Nちゃん、約6年間のアメリカ生活本当にお疲れ様でした。
そしてこんな私ですが、日本に帰ってからもどうぞよろしくね☆
[PR]
by taepulin | 2014-09-19 21:56 | 日記