First step

taeusa.exblog.jp

新しい土地で新しい自分探し

ブログトップ

タグ:フィロ ( 6 ) タグの人気記事

b0148991_5215082.jpg

昨日トライアングル・ポケットと一緒に焼いたお菓子。
ブログ更新に間に合わへんかったぁぁぁ。(汗)

余ったフィロ(紙状の生地)を使い切る為に作ったこのお菓子は、ストゥルードルと言って、意味はドイツ語で『渦巻き』。
もともとはリンゴをメインにレーズンやシナモンシュガーなどを薄いパイ生地と共に巻いて作るお菓子でオーストリア発祥のお菓子です。

簡単に作れるうえに、軽い食感で、お腹一杯でも食べれるん♪
大好きなお菓子の1つです♥
今回はレモンをぎゅっと絞って作ったカスタードクリームと美味しく熟れたジョージア産のピーチを一緒にクルクルっと巻いて焼きました。

ほんのり甘酸っぱいクリームと甘くてジューシーなピーチが美味♪
初めてコンビ組ませてみたけど ええ感じでした◎

巻いた生地の端からクリームがフツフツ漏れて焼けたところがまた美味いのなんのって。(笑)
サクサクパリパリ、中身はとろ~んのデザート、案の定あっという間になくなった~♪
[PR]
by taepulin | 2010-07-30 06:12 | おやつ
b0148991_6141671.jpg

二つ折りと違うからターンオーバーとも違うし・・・。
なんて名前にしたら良いのかなぁ・・・と思いつつ、即席で名づけた”トライアングル・ポケット”。
いつも『三角のやつ』って言うてたから。(笑)

More
[PR]
by taepulin | 2010-07-29 06:39 | お料理

フィロ DE キッシュ

b0148991_23152389.jpg


今日はちょっと前に作った夕食。
キッシュを焼いてん。でも写真見てすぐに「ピン☆」と来た、そこのアナタ。
はい、大正解~♪

我が家の冷凍庫に必ず常備のフィロ
これのフィロを使って、ちょびっとライト・バージョン☆
フィロは紙のように薄いペイストリー生地。重ねて使う事で、サクサクのパイになりまんねん。
お料理やお菓子作りに大活躍~♪

b0148991_23154381.jpg


キッシュの土台って、時々ヘビーに感じる時があるねん。みんなもそんな時ある?
キッシュは大好きやのに、そのキッシュの外側のパイ生地だったり、パンだったり、その部分食べたら、他のお料理が食べられなくなったり。
アメリカで食べるキッシュは大きさもボリュームがあって、その時はペロっと1つ食べるねんけど、
数時間後、胃にドーーーン来ることもザラ。

おうちやったら好きなキッシュをライトに変身できてよろしぃ。
ヘビーなキッシュ焼いて、ガッツリ食べるのも良いけど、こんなちょっと軽~い感じのキッシュもなかなか良いですよ♪

卵と生クリーム、チーズ、などなど好きな物入れて焼くだけ、お手軽なキッシュ。
いつものキッシュが少しグレードアップしたように見えるから不思議♥
アメリカはサンクスギビング カウントダウンしはじめました。
今年のサンクスギビングディナーのサイドディッシュに、こんなキッシュはいかが~?(笑)
[PR]
by taepulin | 2008-11-25 23:40 | お料理
b0148991_1201654.jpg

冷凍フィロを使った簡単バクラヴァ。
激甘でちょっとヘビーなお菓子を甘さ控えめで食べやすく、更に軽い食感に仕上げました。
ちょくちょく作りたくなるほど簡単&美味しいバクラヴァ、この香ばしさはきっと病みつきになるはず♪
恥ずかしいくらい簡単やけど・・・レシピ、いきましょか~。(笑)



            *** バクラヴァ・ライトバージョン ***

<材料>

フィロ(fillo/Philo )・・・5~10枚(お好みで)
溶かしバター・・・適宜
スライスアーモンド・・・適宜
ピスタチオ・・・適宜

砂糖・・・50g
水・・・大さじ2
レモン汁・・・小さじ1



<作り方>

1.アーモンドとピスタチオは空炒して荒熱が取れたらアーモンドは手で握りつぶすように砕き、
  ピスタチオはみじん切りにしておく。

2.オーブン180℃(360°F)に余熱しておく。
  冷凍のフィロを解凍し、好みの枚数取り、残りは素早く包んで冷凍庫へ戻す。
  取ったフィロを半分にカットする。

3.天板か浅いケーキ型にオーブンシートかノンスティックスプレーを振る。
  まず1枚目のフィロを敷き、溶かしバターを素早く塗る。
  上からナッツ類を適当にばらまく。

4.2枚目のフィロを3.の上に重ね、その上にバターを塗る。その上にナッツ類をばらまく。
  これをフィロが最後の1枚になるまで、フィロ→溶かしバター→ナッツの順に繰り返す。

5.1番最後のフィロを重ねたら、溶かしバターを塗り、3~4cm角程度にカットする。

6.5.を、余熱したオーブンへ入れ、フィロがふっくら膨らんで、香ばしい焼き色がつくまで約20分
  程度焼く。
  焼いている間に小鍋を用意し、砂糖と水とレモン汁を入れて熱し、シロップを作る。  
  砂糖が溶けて薄いとろみがついたら、火からおろして冷ましておく。

7.焼きあがったバクラヴァに6.のシロップを回しかけ、染み込ませれば出来上がり。

b0148991_1204222.jpg

写真はアーモンドだけで作った時のんやけど、本来はピスタチオやクルミを使うので、特にアーモンドでないとあかん・・・ということはありません。
それから、ここではスライスアーモンドを材料に書いてますが、ホールアーモンドでも、スリバーアーモンドでも何でも大丈夫。ただし、空煎りして細かく刻んだ方がフィロに穴が空かずに綺麗に仕上がると思うわ。
あとね、一応王道の使い方として、溶かしバターを使うように表示してるんやけど、実は今回、ライトバージョンってことで、ここでもひと工夫、バターフレーバーのスプレーをシュ~っと振って作ったんです。
そしたら、いつもの溶かしバターを使うやり方よりも、時間も短縮できて、出来上がりも良い感じで、一石二鳥やったわ♪
私がこれを作る時はいつも目分量やから、フィロを10枚も使う時もあるんやけど(笑)、バターを塗る代わりにスプレーしたら、モノの10分程度でレイヤーが終了。あとは焼いてシロップをかけるだけ。ほんと簡単♪
ただ、溶かしバターを使った方が、風味も、焼き色も断然良いので、お土産などにされる場合は、ぜひ、溶かしバターを使ってね☆





<その他の注意事項>

**このレシピのいかなるハプニングも当方は一切責任を負いかねます。**
**こちらでご紹介するお料理・お菓子は、いい加減かつ創作料理が多い為、レシピについてはすべてのお問い合わせに対応させていただけるとは限りません。申し訳ありませんが、ご了承ください。**
[PR]
by taepulin | 2008-11-18 12:11 | レシピ
b0148991_9565018.jpg


昨日焼いてた・・・って言う、アップルシナモンのおやつで~す♪
Fillo(フィロ)、場所によってはPhyllo(ファイロ)ともいう、紙のように薄~い生地を何層にも重ねて、Strudel(シュトルーデル)を焼きました。

b0148991_9583290.jpg

フィロは必ず冷凍庫に入れてある我が家なのですが、お料理からおやつ作りまで幅広く活躍してくれるから大好きな素材。
こちらでは以前にバナナのフィロスティックをご紹介したことがありますが、このパリッパリの薄くて軽い食感が大好きやねん♪

b0148991_1065972.jpg

シュトルーデルはドイツのお菓子で、「渦巻き」という意味。
こんな風にくるくるっと巻いて、オーブンでこんがり焼きます。
我が家では、いろんなフルーツ、旬のものや、安売りしたフルーツなどで作ります。
これはリンゴとクランベリー。シナモンとブラウンシュガーなんかで味付けしています。
クランベリーは色がきれいで、甘酸っぱくて好き。
サンクスギビングだけじゃなく、お菓子作りやお料理に年中でも使いたいくらい、明るくて楽しい色合い♪

リンゴの甘さとクランベリーの酸味が、ついつい後を引く美味しさ。
フィロが繊細で、毎回焼いた時の生地の開き方が違うから おもしろい。
太巻きみたいなシュトルーデル、犬次郎と1本づつペロっと食べてしまいました。(笑)
今回のシュトルーデルはとても秋っぽい色合いに仕上がったけど、秋といえば、ますますお菓子作りが楽しくなる私です。
[PR]
by taepulin | 2008-10-05 10:16 | おやつ

バナナのフィロステック

b0148991_96128.jpg


今日もバナナです・・・。(汗)
なんか、ジョージア暖かいからか、バナナがよぅ熟れるんよ~。
わざと青っぽいもの買って来ても、1日2日でシュガースポット出来てくるし。

ちょっと熟れすぎ??みたいなバナナ使って、今日のブランチ作りました♪

b0148991_9183686.jpg


我が家の冷凍庫にいつも常備されているfillo。(フィロ/ファイロ)
これは薄~い紙状のペイストリーシートで、お菓子作りや、ちょっとしたアパタイザーを作るのにも便利な代物やねん。
オハイオの時も、フィロを使ったお料理やお菓子をご紹介させてもらっていたのですが、いわゆるパイ生地よりも、サクサクパリパリ、ライトな食感と油っこくないところがお気に入り♪

b0148991_9215198.jpg


このお菓子は我が家ではしょっちゅう作るねん。
っていうのも、めっちゃ楽ちんな上に、バナナ1本使ってて、結構満足いくし、自然の甘味で「お菓子」というには健康的な感じ?
ヘルシー・ライト・ミールとも呼べそうな1品やから、今日のように暖かいコーヒーと一緒にブランチにしても良い感じなのです☆

b0148991_9241735.jpg


フィロを重ねて、バナナを乗せて、くるくるっと巻いてオーブンへ。
ふんわり焼けてきたら、真中に少し切れ目を入れて、一気にフィロを膨らませたら、ころ合いを見てメープルシロップとラムレーズン、お好みのトッピングを好きなように。
クルミも乗せて、もっかいオーブンに入れて、はいっ、頂きます♪

犬次郎は、これにいつもバニラアイスを追加注文する。
私はこのまま。
メープルシロップじゃなくても、はちみつ、お砂糖、ブラウンシュガー、シナモンシュガー、バニラシュガー・・・なども美味。
ラムレーズンも好きやから入れてるけど、入れなくても大丈夫やし、クルミもアーモンドで代用しても美味しいねん~v
ブランデーとか、アマレットなんかを入れても大人の味で美味しい v

焼きたてはバナナがフツフツと音を立てて、幸せな香りが漂う。
ナイフを入れると、パリパリ、サクサク、ほろほろ・・・っとフィロが崩れて、最高に美味しい~v
ねっとり柔らかなバナナと胡桃の香ばしさがたまりませ~んっっ☆

ゆっくりブランチした後は、ゆっくりしすぎて、家でダラダラしてまいそうや~。(爆)

明日は月曜日。来週もいっちょ、頑張るでぃ☆
[PR]
by taepulin | 2008-08-18 09:37 | おやつ